2007年04月12日

古着と下北沢について考える

下北沢と言えば、古着

古着の良さは、着こなしによって人それぞれの個性でる事だと思う。

新品の服でも当然、人それぞれ千差万別なのは言うまでも無いけど、

それ以上に古着は個性が光るモノだと個人的には思います。


1点ものの古着もあれば、もちろ量販ものの古着だってある。

でもいえることは、新品の洋服よりも古着にはブレが大きい。

前に着ていた人の匂い(物理的な匂いだけではなく)が多く残ってるのはやっぱり古着ですよね。

そんな古着は、着る人の個性が試されます。

だから私は古着が大好きです。


さらにいうなら、その個性的な古着屋さんが多く点在する下北沢という町。

この下北沢も大好き。

下北沢は、東京の中でもかなり個性的な街だと思います。

区画整理なんてくそくらえ!!って感じで入り組んだ路地路地路地。

そんな入り組んだ場所にあるぽつんと洒落た店。

これも下北沢のひとつの特徴だとおもいます。

下北沢と古着は切っても切れない関係です。
【関連する記事】
posted by loveshimokita at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 下北沢について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。